ソクラテス

ソクラテスって、どうも好きになれなくて。世間で賢者と言われている人たちを論破しに行くんだが、そんなことしなくてもと思ってしまう。そのくせ、自分は「俺、無知ですから~」って、相手の攻撃を受けないんだよな。なんかずるくないか。

他人のことはどうでもいいから、自分でこれが「徳」だ!というものを見極めて、それを広めていけばいいじゃない。挙句に「俺の方が賢い!」って言っちゃう。ホント「徳」のかけらもない。

でも、ケンカしに行ったんだよね。デルフォイの神託にかこつけて。相手はソフィストなんでしょう。物事の判断に真理なんて関係ない。弁論術で相手を説得できればそれでいいと、アテネの若者たちに説いた人たち。若者たちの道徳的堕落が心配だったんだよね。

でも、反感を招き訴えられて、死刑になってしまう。何だかイエスに似ている。パリサイ人の形式主義を批判して、心が入っていなければダメだと説くが、反感を持たれて訴えられ、刑死する。

ソクラテスもアテネの人々の罪を背負って死んだのだろうか。否、命と引き換えに若者たちの目を開かせようとしたのだろう。


参考:「聴くだけ倫理、政治・経済」学研プラス2015年発行p326~328、p345

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック