哲学と労働

西洋哲学は古代ギリシアで誕生した。なぜか?奴隷制度があったからだ。

人間は生きるために、生活の糧を得るために働かなければならない。だが、古代ギリシア人は労働を奴隷にさせていた。そのため働く必要が無くなった。余暇が生じた。そして余暇から哲学が生まれたのだ。

何だか今の自分の状況に似ているなぁ。リタイア→労働からの解放→余暇→倫理を学ぶ。哲学と労働の関係って、そういうものなんだろうか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック