学究人

ヤフーニュースに「人工知能時代の人間の生き方は、古代ローマに学ぶべし 退屈を乗り越えるための5類型」(現代ビジネス4/26(水)配信)という記事があった。

記事によると「人工知能とロボットが発達することで、これから30年かけて人類は徐々に仕事から解放されていくだろう」とのことだ。最近将棋や囲碁の世界でトップ棋士達が次々にAIに負けている。そのことを考え合わせると、確かにそうなるかも知れないな。

まあ、それはそれで興味深いテーマなのだが、当方は既に仕事から解放されているので、後段の「退屈を乗り越えるための5類型」に興味を引かれたのだ。記事によると「仕事がなくなった人類は、おそらく5つの分野を追求しながら「充実した人生」を送ることを目指す」という。その5類型とは次のものだ。
1.学究人 2.芸術家 3. アスリート 4.趣味人 5.遊び人

自分は今倫理の学習をしているので、学究人に近いかなと思う。リタイア生活の軸に「学び」を据えたのだが、この記事を読んで正しい方向に進んでいるなと感じた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック