電気毛布 その二

この電気毛布は当たりだった。暖かい。熱が肌を刺激しない。電熱線の固さが気にならない。毛布の上に布団カバーを被せているお陰もあるかな。毛玉対策だったのだが、マイルドな感触を生み出してくれたようだ。

この毛布は12時間連続稼働すると、自動的に通電が切れる。安心だ。これとは別に、快眠タイマーなるものがある。2時間稼働後、4時間停止し、その後2時間稼働後、停止するのだ。

夜の10時から12時まで稼働、12時から翌朝4時まで停止、4時から再稼働、6時に停止という塩梅だ。寝入りと目覚めの時間に絞って暖めてくれる。稼働停止中の夜中に寒くて目が覚めないか気になったが、それはなかった。

ただ、起床時が辛い。今まで室温をデロンギで20℃にしていたが、今朝はデロンギなしで14℃だ。明朝はデロンギをタイマー運転しようと思う。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック