ランドリーラック その二

今日は、いよいよランドリーラックを発注しようと思ったのだが…。候補は二点。

1. 上段の棚の高さ:150.5㎝
下段の棚の高さ:130㎝

2. 上段の棚の高さ:171㎝
下段の棚の高さ:138㎝

ポイントは棚だ。下段の棚の高さは、洗濯機の使用の可否に直結する。この棚が低いと洗濯機のふたが開かなくなるのだ。棚の奥行は30㎝。洗濯槽の上にせり出してくる。水道栓まで手を伸ばして、肘が棚に当たらないかも要確認だ。

この点、2のラックの方が無難だ。だが、上段が高すぎる。頭の上に手を伸ばして、棚から物の上げ下ろしをすることになる。不便だ。すると、下段の高さはやや低いが1のラックを採用すべきか。上段の棚は150.5㎝。これなら使い易そうだ。

と、ここまだ検討を進めたのだが、どうもどちらの候補も不都合が生じそうなことが分かった。実際に洗濯するときの身体の動きを、洗濯機の前でシミュレートしてみた。

洗濯後、洗濯槽の底に残った洗濯物をさらおうとすると、上半身が前に深く傾き、頭が下段の棚に当たってしまいそうだ。まさかそれではどのラックも使えないではないか。

だが、前から気になっていたのだが、使用例の写真だ。前開きのふたの洗濯機を使っている。これなら支障はない。ふたが上に付いている従来型の洗濯機にラックは使えないのだろうか。購入を断念することになりそうだ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック