安心信託と浮遊老人

M信託銀行の高齢者向け商品がいいな。「つかう」機能と「まもる」機能がセットになっている。

1. 「つかう」:信託財産から一定額を定期的に受け取る。
2. 「まもる」:詐欺などの被害から守るために、予め指定した代理人の同意がないと解約や払い出しができない。認知症対策にもなりそうだ。

信託財産は元本保証で運用する。

だが、信託報酬が高い。設定時に信託金額の2.16%(税込)、上限216万円(税込)がかかる。一億円を預けると、丁度216万円になるわけだ。更に、その後毎月10,800円(税込)がかかる。

これはもう相当金持ちの富裕老人向けの商品だな。仕事が嫌でリタイアした「浮遊老人」はお呼びじゃないようだ。

"安心信託と浮遊老人" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。