娯楽室の椅子

娯楽室用の椅子を買った。ワークチェアにした。座面と背もたれがメッシュ状のものだ。色はオレンジ。建具の色に揃えた。これで娯楽室の最重要パーツが手に入る。娯楽室で快適に過ごせるか否かを左右するのが椅子なのだ。

リクライニングソファー、二人掛けソファー、高座椅子も候補に挙がった。最終的にワークチェアに決めたのは、もしも想定している働きに足りない場合でも、最も後悔が少ないと思われたからだ。

リクライニングソファーと二人掛けソファーは大きいので、置ける場所が限られ、転用が難しい。高座椅子はこれらと比べ、大きくはないものの、それなりに重く、キャスターがないから、手軽に移動させられない。

その点、ワークチェアは、前二者と比較すれば小さく、キャスター付きなので移動が容易。転用の途もありと見た。

"娯楽室の椅子" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。