「神のみぞ知るセカイ」 その二

10日(木)に「神のみぞ知るセカイ」を読了。夜中の二時過ぎまで読み続けてしまった。第四期は「過去編」。起承転結の「結」か。「女神編」がハラハラものだったので、第四期はインパクトが弱い感じ。予感はしていたが。

第三期までに張った伏線を回収しつつ、結末へ収束させていくのだから、仕方がない。と言ってもつまらないわけではない。頭に引っかかっていた伏線が明らかになっていくのは、謎解きみたいで楽しい。

つじつまが合わないところや、伏線未回収のところがある。それでも十二分に面白かった。SFではなく、ラブコメだしね。厳密さよりも、勢いだ。流れが良ければ〇。

自分は「LC」がお目当てで、アニメを見ていたので、この子が最後にどうなるのか気になっていた。切ない別れがあるのかなと期待していた。別れの余韻を求める辺り、昭和生まれの性でしょうか?

"「神のみぞ知るセカイ」 その二" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。